2015年9月8日火曜日

アメリカ日系人の戦時抑留から考える〜安全保障か憲法かという問について

 カウアイ島ワイメアのお寺に滞在しながら、地元日系二世のライフヒストリーをまとめる作業にかかっている。
 日系二世の生活史の特異点は、なんといっても親の国が敵国となった戦時下の経験だ。アメリカ西海岸では、市民権をもつ二世を含む日本人がすべて収容所に抑留されたが、ハワイでは、一世の指導層の一部に限られた。だから、カウアイ島の二世たちは、たとえば自動車の使用制限や夜間外出の禁止など生活上の厳しい制限はあったが、トラウマ的な抑留経験はない。これがいかに彼らの人生観を肯定的なものにしているか計り知れない。

(ところで、最近、オアフ島ホノウリウリにあった抑留キャンプの発掘が行われ、その存在が注目をあつめた。オバマ大統領は同地区を国立公園に指定した。)
オアフ島ホノウリウリ収容所
 日系人に対する、本土とハワイのこの差がなぜ生じたのかを考えるとき、現在の日本の問題を考える重要な視点が含まれることに気づく。
 米本土における日系人抑留は軍事上の必要のためとされた。しかし、実は、司法省は市民権保持者の抑留は憲法違反であるとの懸念を示し、軍も軍事上の現実的必要性はないと認識していた。考えてみれば、軍事上の必要性ならハワイの方がはるかに高かったはずだ。しかし、ハワイでは全員の抑留は避けられた。人口の3割を占める日系人を抑留することの経済的影響の大きさと全員抑留の無益さに対する理性的判断が先行したからだ。
 他方、本土では、政策合理性がないのに、全日系人に対する抑留は実行された。この背後には、「日系人がサボタージュやスパイ活動をするのを防止せよ」と叫ぶ地元政治家たちの存在があった。彼らの意図は、日本人に対する軍事的脅威を煽り、人々の人種差別的な恐怖感情に訴えて手っ取り早く集票しようというところにあった。大統領ローズベルトもそれに同調した。その結果、安全保障を錦の御旗にした彼らの感情政治が、憲法の原則を突き崩してしまった。
 民主主義国家では、安全保障を押し立てた感情政治が横行するとき、憲法順守の理性は後退しがちであることを、日系人抑留の歴史は示している。
 ここから学ぶことは大きい。今日の日本でも、嫌韓を叫ぶ排外感情と中国の軍事的脅威で手っ取り早く集票する政治家たちが目立つ。「憲法守って、国滅びる」などと、大声で叫びまわる政治家もいる。安倍政権自体がその神輿の上に乗っており、有権者の恐怖感情に訴えて反憲法的政策を強行しようとしている。しかし、目先の感情政治による誤った政策決定がどんな悲劇を生むか、日系人抑留の歴史から学ぶべきだ。
二世兵士の帰郷
 歴史を見れば、ハワイの白人指導者たちは、本土とは逆に、人種間の融和を訴え、この非抑留政策を正当化した。本心は経済上の要請だったが、それは言わず、アメリカ憲法の理想主義を建前とした。
「どのような恐ろしい攻撃を受けても、アメリカ流のやり方で対処することを忘れてはならない。…いまこそコスモポリタンな人間として、住民同士が従来からの信頼を忘れていないことを証明してみせる時がきたのだ。」(ハワイ軍司令官のラジオ演説より)
 現実主義に裏打ちされた理想主義があることをこの演説は示している。その結果として、ハワイでは日系二世たちの社会統合は順調に進み、彼らの存在が、戦後のハワイ社会発展の重要な基盤となり、また、日米友好の架け橋の役割を担った。
 当たり前かもしれないが、感情政治を排して、政策決定における理性的判断を重視することがいかに大切か、あらためて噛みしめたいと思う。

2015年7月28日火曜日

夏休み特番シリーズ5回連続「自衛隊は戦場に行くのか〜憲法学からみた安保関連法案」をyoutubeで公開

FMYYで放送予定の夏休み特番シリーズ5回連続「自衛隊は戦場に行くのか〜憲法学からみた安保関連法案」の第1回「今、なぜ安保法案なのか、その合法性 は?」の映像版です。長岡徹先生(関学法学部教授・憲法学)の緊急特別セミナーをお送りします。今、安保法案なのか。集団的自衛権の合法性は担保されているのか。著名な憲法学者がその問題点を明快に論じます。ぜひアクセスしてみてください。講師:長岡徹先生(関西学院大学法学部教授)聞き手­:金千秋、山中速人、足立唯夏、企画制作:関学山中速人研究室「耳をすましてリスニン­グトゥゲザー!」夏の特番シリース(FMYY放送中)。

https://www.youtube.com/watch?v=7CzLCty25Is

2014年1月15日水曜日

1月15日は、マーチン・ルーサー・キングJr.牧師の記念日

今日、1月15日は、人種差別に反対し、公民権法の成立に命を賭したマーチン・ルーサー・キング Jr牧師の記念日です。人種差別は過去のアメリカの話ではなくて、「在日」外国人に対する憎悪をむき出しにしたヘイトスポーチが拡大しつつある今の日本の 重大課題です。1・17を前にして、この日の重さについてもしっかりと受け止めたいと思います。
 ワシントン大行進で行われたキング牧師の歴史的スピーチは、Youtubeで視聴できます。
http://www.youtube.com/watch?v=HRIF4_WzU1w
 その日本語訳は、アメリカ大使館の以下のサイトで読むことが出来ます。
http://aboutusa.japan.usembassy.gov/j/jusaj-majordocs-king.html

2012年1月21日土曜日

17年目の1.17 追悼イベントのラジオ放送で中継実習をしました




17年目の阪神淡路大震災の祈念追悼イベントがJR新長田駅前広場で開催されました。地元のコミュニティラジオ局、FMわぃわぃが会場にサテライトスタジオを設置し、終日、中継をしました。その中継放送に、山中ゼミの学生たちも、実習生として参加しました。試験期間中の大変な時期でしたが、時間をやりくりして参加しました。
ラジオ放送だけでなく、山中ゼミとFMYYのわぃわぃの共同で、今年は、USTREAMでも、映像中継を行いました。写真は、LIVE SHELLを使って映像中継するスタッフです。

2011年6月25日土曜日

領家穣先生への追悼文


2011年5月14日に逝去された領家穣先生のお別れの会で、以下のような追悼文を読ませていただきました。

領家先生
 今日は、珍しくお話しにならず、静かに聞いてくださっておられますね。
 先生のことばの中で、私が一番印象に残っていることばは、「教えないのが教育や」ということばです。
 私は、学生時代、先生にとって、一番できの悪い学生のひとりだったと思います。
それで、大学院進学に先立って、大学院で先生の教えを受けたいと申しでたとき、言下に、「やめとけ」と言われました。
「成績が悪いからですか」とおどおどと聞き返すと、「いや、そうやないんや。教えを受けようというのが、そもそも間違ごうとるんや。それだけの世界や」
 先生は私の入学に最後まで反対されたそうです。
 しかし、さいわい、ほかの先生方が
「まあ、領家先生、いれたりなはれや。可哀想やないですか」
 と説得してくださったお陰で、入学できたのですが。
 その後、領家先生の座右の銘の1つが、「教えないのが教育」というものであることを知ったのです。
 研究者の自立。
 そして、真理の前では、教授も学生も対等だという、先生独特のリベラリズムを、先生らしい、ちょっとぶっきらぼうな言い回しで表現されたことばだと思います。
 しかし、授業が始まると、この「ことば」の真の意味が痛いほど分かるようになりました。
 何を話しておられるか、ほとんどわからないのです。そもそも教えようという気がないんですから。講義は、もう難解な独り語りなのです。
 そのうえ、講義の場は、教室ではなくて、多くの場合、居酒屋でした。
 そこでは、学生が分かろうが分かるまいが、お構いなしに、先生の頭脳の中に浮かんでくる言説が、ほとばしるように口から流れ出てくる。それを必死で聴き取っていくのが、私たち学生の仕事でした。
 その結果、多くの同級生は、理解できない自分の能力に自信喪失、ショックで脱落していきました。私は、脱落する前に、先生のところは修士課程だけにして、アメリカの大学に脱出しましたので、なんとか今も、この業界でやっております。
 ただ、その後も、先生のもとに通い、先生の話を聞き続けるという荒行だけは、続けてきました。そうです。なんとか先生の難解なモノローグを解き明かしてやりたいという密かな野望をいだいていたからです。
 そして、その後、ひとつの方法を、なんとか開発することができました。
 その方法については、最近出版した本の中で、先生のお人柄とともに、紹介しました。ちょっと読みます。

 わたしが大学院時代に教えていただいていた領家教授は、理論社会学が専門でしたが、部落差別や人権問題にもすぐれた研究をつづけてこられた研究者でもありました。しかし、教授は、また、めったに論文を書かないことで有名でした。その上、お酒が大好きで、教室での授業が終わったあと、いつも大阪の十三にある万長という居酒屋に学生たちを伴い、お酒を飲みながら授業の延長をされるのでした。お酒が入ることもあって、教授のお話は、どんどん話題は変わるし、あちこち飛ぶし、先生には当然でも、学生には論理に飛躍があって、ときどき何を話しているかわからなくなってしまいました。
 さて、教授が退職されるとき、わたしたち弟子たちの間で、この分かりにくいけれども、たいへん意義深い酒場での授業を一度しっかりと記録しておこうという思いが強くなりました。そこで、教授の酒場授業をシステマティックに記録する方法を工夫してみようということになりました。思案を重ねた挙げ句、最後にたどり着いたのが次のような方法でした。
 それは、デジタル映像とデータベースを組み合わせたマルチメディアだったのです。これをコンピュータで操作できるCD-ROMの形で制作することに決めました。
 まず、教授に一切の拘束をはずして自由に語っていただくことにしました。
 教授はお酒が大好きでしたから、弟子たちが教授の自宅に酒の肴をそれぞれ持ち寄って集まり、まず駆けつけ一杯とばかりに、一升瓶から並々とコップにお酒を注いで、それを飲み干すところから、ビデオカメラを回し始め、先生のモノローグをすべて録画したのです。
 (以下、技術的な話なので中略。)
 こうして、このビデオテープをコンピュータに取り込んで、数十個の動画ファイルに加工し、また、肉声をすべて文字化し、それらを組み合わせたマルチメディアのコンテンツが完成したのです。
 これを使えば、先生の「語り」を先生の身振りや口調も再現しながら、自由に並び替えたり、検索したりして、縦横無尽に、とことん聞き込んでいくことができます。こうして、ようやく先生の思想と言説の姿がおぼろげながら浮かび上がってきたのです。

 このCD−ROMは、「デジタル言説〜ある社会学者の思想」というタイトルで出版もされましたし、学会で発表もされました。
 先生の講義がマルチメディアになったという噂をきいて、たくさんの研究者が発表会場に駆けつけ、学会史上初の立ち見まででたのです。
「こんな便利なものがあったら、領家先生の話を聞きたいばかりに、肝臓を悪くすることはなかったのに」と悔しがる研究者もいました。
 その後も、何度か先生のご自宅に集まって、お酒を飲みながら先生のお話をビデオで記録しつづけました。そのビデオテープがすでに30巻以上になります。
 残念ながら、この大量のテープはまだ手が付けられていません。この映像を、現在のもっと進んだメディアテクノロジーを使って、公開したいという願いは、まだ、叶っていません。
 だから、まだまだするべきことは多いのです。「教えないのが教育」だという先生の教えをもっとも真っ当にうけつぐためにも、多くの仕事が残されたままです。
 先生は、お酒の入った竹筒とともに、今、天国に旅立たれようとしていますが、私たちのために、たくさんの宿題を残してくださったのだと思います。
今、先生はめずらしく沈黙しておられますが、きっと心の中で、「まあ、これだけしゃべっておいてやったら、しばらくもつやろ。ま、そういう世界や」と、つぶやかれていると思います。
 これから、残された私たち弟子たちは、記録された映像を手がかりにして、先生の言説と理論の解読を続けていきます。先生、ですから、まだしばらく私たちと係わってやってください。
 そして、そのかたわらで、やすらかに酩酊をつづけてください。また、お目に掛かるまで。
 合掌
山中速人

2010年10月30日土曜日

イスタンブール大学公開セミナーで研究発表

今年2月にイスタンブールを訪ねた。そのとき、イスタンブール大学の民俗学研究センターの研究者と面識ができた。それから8ヶ月、ひょうたんから駒のような話で、イスタンブールを再訪することになった。同研究センターが主催するセミナーで講演をするためである。
今年は、トルコでは日本との友好120周年を記念して、日本との友好イベントで賑わっている。また、イスタンブールは、2010年度のヨーロッパ文化首都に選ばれたことも手伝って、イスタンブールの都市文化にかかわるさまざまな催し物が行われている。
私の講演も、同センターが主催するセミナーの一環として、「日本のメディアにおけるトルコイメージ」について研究発表するものだった。
当 初は、セミナーの1つの発表演目に過ぎなかったのに、トルコの人びとの千客万来文化のお陰で、スポンサー付きの公開イベントに格上げされ、政府観光局が後 援して、トルコの民俗楽器の演奏や日本の茶道のイグジビションや琴の演奏も伴うひどく大がかりなものになってしまった。
びっくりしている私に、イスタンブールに長期在留している日本人のみなさんから、「それがトルコ流なんですよ。こうなったら、船に乗るしかありません。がんばってください」と引導をわたされ、約1時間の研究発表を引き受けることになった。
テー マは、日本の新聞とマンガに現れたトルコのイメージについての内容分析である。日本の新聞メディアについて、その歴史を簡単に紹介しながら、この25年間 のトルコ報道の傾向を総括し、また、同時に、トルコとトルコ人を扱ったマンガやイラストガイドブックを対象にして、日本人とトルコ人の異文化接触やカル チャーショックのエピソードを紹介した。
会場は、結構満員で、テレビ局のカメラもいくつか並んでいて、あとで、インタビューをされた。
当初は英語での報告を予定していたが、現地の大学院でトルコ古典文学を学んでいる優秀な大学院生やトルコ人の日本語通訳の力を借りることができ、日本語=トルコ語通訳を介して、発表をすることができた。
一般市民の聴講もあると聞かされていたので、できるだけ専門的な用語は避け、笑いを誘うようなエピソードも取り上げて、内容を構成した。それが功を奏したのか、通訳を交えての発表だったけれど、期待通りのところで笑い声が上がり、首尾良く講演を終えることが出来た。
我ながら、こういう場でも笑いをとることを考えるというのは、関西人だなあとしみじみ自覚した次第である。
発 表の最後に、この秋に訪ねた串本のトルコ記念館を紹介した。今から120年前、日本を表敬訪問したオスマン朝の軍艦・エルトゥールル号が串本沖で遭難し、 乗組員を串本大島地区の漁民たちが果敢に救助した出来事がきっかけになり、その後も、慰霊祭を欠かさず現在に至っている。その事跡を記念して70年代に建 設されたトルコ記念館とその活動をイスタンブールの人びとに紹介したかった。
串本のトルコ記念館を訪問するに当たって、イスタンブールでの発表の件を関係者にお話ししたところ、写真の提供やインタビューなど、快く協力をしてくださった。その厚意にもぜひ応えたかった。
研究発表の要旨は、こちらをご覧頂くこととして、まずは、イスタンブール大学での研究発表が、つつがなく成功裏に終わったことを記したい。
関係者の方々に心から感謝を申し上げたい。

2010年7月19日月曜日

夏休み特別番組のお知らせ〜朗読ドラマによる連続大学講座「メディアってなに?」


 FMわぃわぃで、放送中の関西学院大学山中速人研究室提供の実験ラジオ番組は、7月20日から夏休み特別番組「朗読ドラマによる連続大学講座・メディアってなに?」をお送りします。放送時間は、毎週火曜日、午後1時から1時20分。10回シリーズで、9月21日までお送りいたします。
 原作は、拙著『娘と話す・メディアってなに?』(現代企画室)で、ハワイ生まれのナニちゃん(ハワイ語で美しいという意味)が、日本の大学に入学し、コミュニティラジオ局のキャスターをつとめながら、メディアについて考えるという内容です。
 ドラマには、声の出演として、神戸三国志ギャラリーの内屋敷保さん啓明学園高校の放送部のみなさん、ほかの協力をいただきました。
 1930年代のナチズムによる大衆操作に使われたメディアの問題を皮切りに、メディアの影響力をめぐる現象や理論、思想家のメディア論などを歴史的に整理しながら、ドラマの形式を借りて広く取り上げています。
 メディア論に関心のあるみなさんの聴取をお待ちしています。
ポッドキャストのアクセスは
http://tasei-bunka.seesaa.net/article/157032262.html